絵画買取は「信用第一」。その言葉をモットーに銀座でやってます。

ギャラリーボヤージュタイトルロゴ

田崎広助

田崎広助(たざきひろすけ)

日本各地の有名な山岳を描き続けた画家
田崎広助「櫻島の朝やけ」

福岡県出身の洋画家。富士、阿蘇山の画家としても知られています。

故郷の福岡県八女市と晩年にアトリエを構えた軽井沢には同作家をたたえた美術館があります。

では、そんな田崎広助について当ギャラリーの見解をお伝えさせていただきます。

「阿蘇の田崎」とも呼ばれ

洋画だけでなく多くの絵画では、図柄によって、評価や査定額が大きく変動することもあります。画家それぞれに人気のモチーフがあり、人気な図柄ほど評価や査定額が高いのが現状です。日本の画壇では、コレクターや購入者に人気な図柄に対して高値がつく事が多いです。雄大な山のある風景をよく描いてきた田崎広助ですが、やはり阿蘇山が描かれた作品が人気です。特に晩年の橙がかった明るめの作品の方が評価は高い。

イタリア、スペインなどの写生旅行にも

作品の技法に関しても本画なのか?版画なのか?作技によっても評価や査定額が変わります。洋画に関しては、やはり油彩画が水彩画やデッサンより高額な値がつきます。ちなみに田崎広助の主な作品種類は、油彩、グワッシュ、水彩、版画などです。

バラなど静物画の作品も

なお作品鑑定は、東京・銀座のギャラリー・ティーが受付で「田崎広助鑑定登録会」になります。

田崎広助 略歴

明治31年(1898)-昭和59年(1984)

福岡県八女郡に生まれ、東京で没。

大正6年福岡師範学校を卒業。関西美術院に学び、坂本繁二郎、安井曾太郎に師事した。
昭和7年~同10年滞仏、サロン・ドートンヌに出品。
同11年一水会展受賞、同14年一水会委員に。
同48年ブラジル政府最高名誉文化勲章。
同50年文化勲章を受章した。

田崎広助 代表作品

  • ≪初夏の阿蘇山≫
  • ≪早春の阿蘇山≫
  • ≪夏の桜島≫など

ギャラリーボヤージュ
ギャラリー写真

住所:〒104-0061 東京都中央区銀座5-4-15 銀座エフローレビル5F

電話番号:03-3573-3777

FAX番号:03-3573-3780

営業時間:11:00~18:00 展覧会の開催していない、日・祝日は休館。

取扱い作家 絵画

ページのトップへ戻る