絵画買取は「信用第一」。その言葉をモットーに銀座でやってます。

ギャラリーボヤージュタイトルロゴ

向井潤吉

日本人洋画メイン画像

向井潤吉(むかいじゅんきち)

生涯をかけて「民家」を描いた

戦前は二科会を中心に作品を発表し、戦後は行動美術協会の創立に参画して、精力的に制作活動を続けてきた向井潤吉は、写実的な画風で広く一般に親しまれてきました。特に戦後間もなく同作家が始めた日本各地を旅して、藁葺き屋根の民家を描いた仕事は、失われてゆく民家の貴重な記録として、また日本人の心のふるさとを再確認する仕事として、人々に多大の感銘を与えてきました。

民家を描き出したきっかけは、民俗学者の柳田國男らが手がけた「民家図集」を目にして、戦災で失われる家々を描き残しておきたいと思った事が始まりだったそうです。

では、そんな向井潤吉作品について、当ギャラリーの見解をお伝えさせていただきます。

詩情あふれる古民家

もちろん藁葺き屋根のある民家の風景画が人気です。

北海道から鹿児島まで旅をして民家を

作品にもよりますが、100万~250万ほどする作品が中心です。

長年愛用したアトリエ兼住居を

主な作品種類は日本画、版画、パステルなど。なお鑑定に関しては世田谷美術館分館 向井潤吉アトリエ館が窓口になります。

向井潤吉 略歴

明治34年(1901)-平成7年(1995)

京都で生まれ、東京で没。

大正5年京都市立美術工芸学校を中退し、関西美術学院で学び、その後川端画学校、信濃橋洋画研究所で学んだ。
昭和2年渡仏しグラン・シュミエールで西洋絵画研究に専念した。
昭和11年二科会会員に。
昭和20年行動美術協会創立に参加して会員になった。

向井潤吉 代表作品

  • ≪漂人≫
  • ≪早春の水路≫
  • ≪春叢≫など

ギャラリーボヤージュ
ギャラリー写真

住所:〒104-0061 東京都中央区銀座5-4-15 銀座エフローレビル5F

電話番号:03-3573-3777

FAX番号:03-3573-3780

営業時間:11:00~18:00 展覧会の開催していない、日・祝日は休館。

取扱い作家 絵画

ページのトップへ戻る