絵画買取は「信用第一」。その言葉をモットーに銀座でやってます。

ギャラリーボヤージュタイトルロゴ

小磯良平

日本人洋画メイン画像

小磯良平(こいそりょうへい)

気品あふれる画風

同作家は東京美術学校を卒業後ヨーロッパに渡ります。西洋絵画の伝統を踏まえたオーソドックスな表現技法と、日本的油彩表現の世界観を追求し、帰国後官展や新制作派協会にて卓抜なデッサン力を駆使した数々の作品を発表。日本を代表する具象絵画の巨匠として活躍してきました。         

では、当ギャラリーでの小磯良平についての価格査定の見解をお伝えさせていただきます。

とりわけ女性像に定評

人形・婦人像の図柄がやはり人気があります。特に婦人像に関しては外人より日本人女性が描かれている方が高値です。

神戸を代表する作家

主な作品種類は油彩、水彩、パステル、デッサンなど。なお鑑定人・鑑定期間は小磯良平鑑定委員会になり、受付窓口は大阪の梅田画廊になります。

小磯良平 略歴

明治36年(1903)-昭和63年(1988)

神戸市に生まれ、同地で没。

        
大正14年小磯家の養子となる。
昭和2年東京美術学校西洋画科を卒業。在学中の第6回帝展で初入選。
大正15年第7回帝展≪T嬢の像≫が特選。
昭和3年フランスに渡る。
昭和7年第13回帝展で≪裁縫女≫が再び特選を受ける。
昭和11年新制作派協会を結成、創立会員となる。
昭和39年東京芸術大学で数年手がけてきた銅版画を初めて公開。
昭和49年迎賓館の壁画≪絵画≫≪音楽≫が完成。
昭和58年文化勲章を受章した。

小磯良平 代表作品

  • ≪裸婦≫
  • ≪斉唱≫
  • ≪働く人々≫など

小磯良平 関連記事(cafeボヤージュより)

ギャラリーボヤージュ
ギャラリー写真

住所:〒104-0061 東京都中央区銀座5-4-15 銀座エフローレビル5F

電話番号:03-3573-3777

FAX番号:03-3573-3780

営業時間:11:00~18:00 展覧会の開催していない、日・祝日は休館。

取扱い作家 絵画

ページのトップへ戻る