絵画買取は「信用第一」。その言葉をモットーに銀座でやってます。

ギャラリーボヤージュタイトルロゴ

北川民次

北川民次(きたがわたみじ)

メキシコの風土や人々と共に
北川民次「哺育」

静岡県出身の大正から昭和にかけて活躍した洋画家。大正11年ニューヨークを離れ、アメリカ南部を放浪の後、メキシコ経由で戻るつもりが、盗難にあって無一文になり、メキシコで聖画行商などをする。昭和11年に帰国。以後、愛知県瀬戸市に居を定めた。主に働く人々や花などの力強い生命感を、はっきりした輪郭線を用いて強い色彩で描いた。

特特なデフォルメで生命感あふれる

メキシコの風土や人々を中心に描いてきた北川民次ですが、その中でも「母子像」を描いた作品が人気。主な作品種類は油彩、水彩、版画など。鑑定機関は東京・銀座の日本洋画商協同組合鑑定登録委員会になります。

北川民次 略歴

明治27年(1894)-平成元年(1989)

静岡県生まれ。愛知県で没。早稲田大学を中退。

大正2年アメリカに渡り、ニューヨークのアート・ステューデンツ・リーグでスローンに学んだ。
同12年メキシコに移って、サン・カルロス美術学校を卒業し、ディエーゴ、リベーラ、オロスコ、シケイロスらと交遊。
昭和6年タスコの野外美術学校校長となリ、児童の美術教育に当たった。
同11年美術学校を閉鎖し、帰国。翌12年第24回二科展に出品。二科会会員に推挙された。以後二科展を中心に活躍。
同51年メキシコ政府よりアギラ・アステカ勲章を授与される。

北川民次 代表作品

  • ≪窯と働く人々≫
  • ≪メキシコの三童女≫など

ギャラリーボヤージュ
ギャラリー写真

住所:〒104-0061 東京都中央区銀座5-4-15 銀座エフローレビル5F

電話番号:03-3573-3777

FAX番号:03-3573-3780

営業時間:11:00~18:00 展覧会の開催していない、日・祝日は休館。

取扱い作家 絵画

ページのトップへ戻る