絵画買取は「信用第一」。その言葉をモットーに銀座でやってます。

ギャラリーボヤージュタイトルロゴ

李應魯

李應魯(イ・ウンノ) Lee UngNo

墨画の革命家
李應魯作品

韓国出身のフランスで活躍した画家。1935年、西洋画の写実を吸収した日本画を学ぶため、東京に渡り、清新な装飾性と抒情性をもつ南画家・松林桂月に師事。一旦韓国に戻り、1958年韓国を離れ、フランスでの仕事と生活に舞台を変えた。墨竹(墨一色で描いた竹の絵) から始まり、≪人間≫シリーズに至るまで、伝統的な水墨画から抜け出し独創的な作品を描いた。

民衆の連帯

群衆の絵画をはじめ、彫刻、版画、陶器、タピスリーにも手を広げた。同作家の芸術には、民衆の連帯、民衆の力強いエネルギーへの共感と憧憬すら感じられ、それはまた、世界は一つ、祖国は一つという作家自身の思想、民族の祈りでもありました。ただ作品の流通に関しては、海外・韓国国内が主流になり、作品が国内のアート市場で出品されることは、ほぼ無いです。

李應魯(イ・ウンノ) 略歴

1904-1989

忠清南道洪城に生まれる。

1924年第3回朝鮮美術展覧会に入選。
1958年55歳でフランスのパリへ。
1962年初の個展をパリで。
1964年パリの美術館内に東洋美術学校を設立。
1965年第8回サンパウロビエンナーレで名誉大賞。

ギャラリーボヤージュ
ギャラリー写真

住所:〒104-0061 東京都中央区銀座5-4-15 銀座エフローレビル5F

電話番号:03-3573-3777

FAX番号:03-3573-3780

営業時間:11:00~18:00 展覧会の開催していない、日・祝日は休館。

取扱い作家 絵画

ページのトップへ戻る