絵画買取は「信用第一」。その言葉をモットーに銀座でやってます。

ギャラリーボヤージュタイトルロゴ

ユトリロ

モーリス・ユトリロ(Maurice Utrillo)

哀愁と詩情に満ちたパリの街角
モーリス・ユトリロ「雪のサンリュステイック」

生粋のフランス人で、エコール・ド・パリの画家のひとり。ありふれた街の風景を描きながら、その画面は不思議な詩情と静謐さに満ちていた。壁などの色に用いられた独特の白が印象的。

絵画をほとんど独学で習得したが、少年時代からアルコール依存症の治療受けており、晩年も療養所や精神病院の入退院を繰り返していました。

では、そんなユトリロについて当ギャラリーの見解をお伝えさせていただきます。

時代によって作風の変換を

初期の「モンマニーの時代」から「白の時代」、「色彩の時代」と作風の変換を遂げできたが、やはり1907年から14年ごろの「白の時代」の作品の評価が高く、価値も高い傾向です。パリの風景、建物の作品がほぼ人気だが、その中でもラパン・アジル(パリ18区のモンマルトルにある酒場)が描かれた作品を好む傾向が多い。

やはり贋作も多い作家で

鑑定人は長らくモーリス・ユトリロ協会のジャン・ファブリス氏が務めていたが、現在は同協会のセドリック・パイエ氏に。

晩年は絵はがきや写真をもとに作品制作

ちなみに主な作品の技法は、油彩、グワッシュ、パステル、版画など。

ユトリロ 略歴

1883-1955

フランス・パリのモンマルトルの文筆家、モデルの家庭に生まれる。

1907年パリの街頭を描きはじめる。
1909年サロンに初出品。
1910年画商リボートと専属契約。
1922年ポール・ギョーム画廊での個展。これ以後、写真や絵葉書をもとに制作することが中心になり、自己の模倣的役割を続ける。

ユトリロ 代表作品

  • ≪ラパン・アジル≫
  • ≪コタン小路≫
  • ≪パリのサント=マルグリート教会≫など

ギャラリーボヤージュ
ギャラリー写真

住所:〒104-0061 東京都中央区銀座5-4-15 銀座エフローレビル5F

電話番号:03-3573-3777

FAX番号:03-3573-3780

営業時間:11:00~18:00 展覧会の開催していない、日・祝日は休館。

取扱い作家 絵画

ページのトップへ戻る