絵画買取は「信用第一」。その言葉をモットーに銀座でやってます。

ギャラリーボヤージュタイトルロゴ

浮田克躬

日本人洋画メイン画像

浮田克躬(うきたかつみ)

重厚な色彩表現でヨーロッパ風景を描き続けた作家

自然を真正面から描いた具象絵画を代表する画家の一人として活躍した浮田克躬。

家屋、岩山、集落などを、ヨーロッパ風景だけではなく、日本国内の風景画も多く描き続けました。

では、そんな初期段階から風景画を中心に描き続けた浮田克躬。どのような作品の評価が高いのか?当ギャラリーの見解をお伝えさせていただきます。

構築的な画面に描かれた褐色の色調と赤い屋根

北海道やヨーロッパの建物を描いた作品が多いのですが、特に赤い屋根が多く描かれた作品の価値は高い傾向があります。

ヨーロッパや北欧、ブラジルなどの海外の風景も

特にヨーロッパの風景が描かれている作品は高値です。

鑑定人・鑑定機関は

東京・杉並区在住の浮田和枝氏になります。鑑定書にも同氏の名前が明記されます。

浮田克躬 略歴

昭和5年(1930)-平成元年(1989)

東京生まれ。東京で没。

        
昭和25年安井曾太郎に師事して、束京美術学校を卒業。
昭和29年田崎広助に師事。
昭和32年第13回日展で初入選。
昭和33年第1回日展「丘の工場」が特選。
昭和42年第10回新日展「サン・マルタン水路」が再び特選を受賞。
昭和61年第4回宮本三郎記念賞。
昭和63年第20回日展「海風の館」が内閣総理大臣賞を受賞した。

浮田克躬 代表作品

  • 「ブラジルの古い街」
  • 「プロヴァンスの丘の村」など

ギャラリーボヤージュ
ギャラリー写真

住所:〒104-0061 東京都中央区銀座5-4-15 銀座エフローレビル5F

電話番号:03-3573-3777

FAX番号:03-3573-3780

営業時間:11:00~18:00 展覧会の開催していない、日・祝日は休館。

取扱い作家 絵画

ページのトップへ戻る