絵画買取は「信用第一」。その言葉をモットーに銀座でやってます。

ギャラリーボヤージュタイトルロゴ

佐伯祐三

日本人洋画メイン画像

佐伯祐三(さえきゆうぞう)

パリで夭折した画家

同作家は満30歳で死去するまでの6年足らずの画家生活の間に2回ほどパリに滞在。ヴラマンクに憧れ、独特の画風で場末のカフェ・壁・広告塔などを描きました。

鋭い黒の線描と強い激しい筆触が作品の特徴です。

では、そんな佐伯祐三作品について、当ギャラリーの見解をお伝えさせていただきます。

もの憂い情感あふれるパリ街角

やはりパリの街景を描いた作品が人気です。

滅多に市場に出ず

活動期間が短かったためか寡作であり、油彩作品でも国内のアート・オークション市場でも数えるほどしか出品されることは無いです。作品によっては1億円を超える事もあります。

真贋論争へも発展

贋作も多く、過去には真贋問題で世間を騒がせたこともあるくらいです。

佐伯祐三 略歴

明治31年(1898)-昭和3年(1928)

大阪市に生まれ、パリ郊外で没。

大正6年上京して川端画学校で藤島武二の指導を受けた。
大正7年東京芸術学校人学。
大正12年美術学校卒業後、同級生らと薔薇門社を結成。同年渡仏。ヴラマンクを訪ねて強い刺激を受けた。滞欧中にサロン・ドートンヌに出品して入選。
大正15年帰国。1930年協会を結成。同年第13回二科展に滞欧作を発表。二科賞を受賞。

佐伯祐三 代表作品

  • 「靴屋」
  • 「テラスの広告」
  • 「郵便配達夫」など

ギャラリーボヤージュ
ギャラリー写真

住所:〒104-0061 東京都中央区銀座5-4-15 銀座エフローレビル5F

電話番号:03-3573-3777

FAX番号:03-3573-3780

営業時間:11:00~18:00 展覧会の開催していない、日・祝日は休館。

取扱い作家 絵画

ページのトップへ戻る