絵画買取は「信用第一」。その言葉をモットーに銀座でやってます。

ギャラリーボヤージュタイトルロゴ

中川一政

日本人洋画メイン画像

中川一政(なかがわかずまさ)

ダイナミックな画風

大正11年春陽会を設立以後は、同展を主要な発表の場とした中川一政。画風は次第に文学的な叙情を薄め、色彩の力強さ、構成の骨太さを増しました。さらに東洋美術への傾倒を強めて行き、戦後の昭和24年には神奈川県の真鶴町にアトリエを構え、漁村を描き続けます。

また書や随筆、さらには陶芸にも定評がありました。

では、そんな中川一政作品について、当ギャラリーでの価格査定についての見解をお伝えさせていただきます。

色彩豊かな花の絵画を多数制作

もちろん花が人気だが、薔薇よりもひまわりを描いた作品が人気です。

日本洋画壇の巨匠

油彩作品については、近年は1,000万円以下の作品がほとんどです。

中川一政 略歴

明治26年(1893)-平成3年(1991)

東京で生まれ、同地で没。

文学に関心をもつ一方、油絵を独学ではじめる。

        
大正3年初めて「酒蔵」を描き、巽画会展に出品し受賞。同年には第2回二科展にて「春光」などを出品した。
大正4年岸田劉生主宰の草土社に参加した。
大正11年春陽会が設立されて、客員になった。
大正15年邦画一如会を結成した。
昭和50年中国文化交流使節日本美術家代表団名誉団長となり、同年には文化勲章も受章した。

中川一政 代表作品

  • 「少女像」
  • 「駒ヶ岳」
  • 「薔薇図」など

ギャラリーボヤージュ
ギャラリー写真

住所:〒104-0061 東京都中央区銀座5-4-15 銀座エフローレビル5F

電話番号:03-3573-3777

FAX番号:03-3573-3780

営業時間:11:00~18:00 展覧会の開催していない、日・祝日は休館。

取扱い作家 絵画

ページのトップへ戻る