絵画買取は「信用第一」。その言葉をモットーに銀座でやってます。

ギャラリーボヤージュタイトルロゴ

藤田嗣治

日本人洋画メイン画像

藤田嗣治(ふじたつぐはる)

モンパルナスの巨匠画家

乳白色の地塗をほどこした画布に、面相筆を用いた繊細で弾力性のある墨線の輪郭に淡彩を施す独自の技法で作品を描きつづけた藤田嗣治。裸婦や猫、静物、室内画を描き、パリの画壇での地位を固めました。

晩年はランスの礼拝堂の設計から壁画、ガラス絵の制作にも没頭しました。

では、そんな藤田嗣治について当ギャラリーの見解をお伝えさせていただきます。

フランスを主要な活動の舞台に

ヨーロッパはともかく、各国の国際的なアート・オークションに出品される作家です。

猫は自身の分身?

主な作品種類は油彩、水彩、版画、デッサンなど。やはり少女、猫が描かれた作品が特に人気です。油彩作品で小品でも1000万~2000万円はします。

鑑定取得には、ご注意を

フランスでは鑑定家はシルヴィ・ビュイッソン氏になりますが、日本国内での取り引きは東京・虎ノ門の東京美術倶楽部の鑑定書が必要になります。そのため、よくあるトラブルで海外で真作の作品を購入して、東京美術倶楽部で鑑定が出ない場合もあるので、ご注意下さい。

藤田嗣治 略歴

明治19年(1886)-昭和43年(1968)

東京に生まれ、チューリッヒで没。

明治43年東京美術学校を卒業。
大正2年フランスに渡り、ピカソ、キスリング、モディリアーニなどと交遊を重ねた。エコール・ド・パリの有力な一員として脚光を浴びる。
昭和8年サロン・ドートンヌの会員に推され、エコール・ド・パリの有力な一員として、脚光を浴びる。
昭和4年一時帰国。
昭和5年-昭和8年再度フランスに渡り、中南米を巡る。
昭和9年二科会会員に。
昭和12年秋田で大壁画「秋田の行事」(秋田市平野政吉美術館)を制作。
昭和14年・15年三度フランスに渡る。
昭和16年帝国芸術院会員に。
昭和18年朝日文化賞を受賞。
昭和24年戦後の複雑な日本画壇を離れ、アメリカ経由でフランスへ。
昭和30年フランスに帰化。
昭和32年レジオン・ドヌール勲章を受章。
昭和34年力トリックの洗礼を受け、レオナルド・フジタと改名。同年ベルギー王立アカデミー会員に。

藤田嗣治 代表作品

  • 「タピスリーの裸婦」
  • 「アトリエの自画像」
  • 「我が室内」など

藤田嗣治 関連記事(cafeボヤージュより)

ギャラリーボヤージュ
ギャラリー写真

住所:〒104-0061 東京都中央区銀座5-4-15 銀座エフローレビル5F

電話番号:03-3573-3777

FAX番号:03-3573-3780

営業時間:11:00~18:00 展覧会の開催していない、日・祝日は休館。

取扱い作家 絵画

ページのトップへ戻る