絵画買取は「信用第一」。その言葉をモットーに銀座でやってます。

ギャラリーボヤージュタイトルロゴ

上村松園

日本画メイン画像

上村松園(うえむらしょうえん)

女性から見た理想の女性を描く

京の女性画家・上村松園は、その生涯をかけて理想の女性像を追求しました。そして、女性が画家を目指すだけでも大変な時代に未婚の母として息子・松篁を産みながらも、育児や家事は母親の仲子に任せてひたすら美人画を描いていたとそうです。彼女の描く女性は無表情、上品趣味などと批判され苦しんだ時期もあったが、大正初めに金剛巌に謡曲を習い始めてスランプを脱出。能には女性の内面を描いた作品が多いことに気づき、やがて作品≪焔≫(東京国立博物館所蔵)に結実させました。

そして、自ら「理想の女性の最高のもの」と述べた代表作≪序の舞≫(東京藝術大学大学美術館所蔵)を描きます。

では、そんな上村松園について当ギャラリーの見解をお伝えさせていただきます。

美人画の極致を追求

やはり美人画などの作品が人気ですが、傘、花吹雪などがいっしょに描かれた作品が特に人気が高いです。

美人画一筋でしたが

楊貴妃など歴史上の人物画から、市井の人々などを描いた江戸の風俗画まで、多彩なテーマの作品を手掛けました。主な作品種類は絹本・彩色、紙本・彩色、版画など。

箱書きの偽りも

贋作も多いので要注意です。落款で5割以上は判別できるとも言われますが。なお鑑定期間は東京・新橋の東京美術倶楽部になります。

上村松園 略歴

明治8年(1875)-昭和24年(1949)

京都に生まれ、奈良県生駒郡で没。

はじめ京都府画学校に学び、鈴木松年、幸野楳嶺に師事。のち竹内栖鳳に師事した。

内国勧業博覧会、日本青年絵画共進会、日本美術協会展で次々に受賞した。

        
明治40年文展の創設とともに出品、三等賞受賞。
大正5年無鑑定、同13年帝展審査員。
昭和9年帝展に出品。
翌10年春虹会の結成に加わった。
同23年女性としてはじめて文化勲章を受章した。

上村松園 代表作品

  • ≪序の舞≫
  • ≪母子≫
  • ≪静≫など

上村松園 関連記事(cafeボヤージュより)

ギャラリーボヤージュ
ギャラリー写真

住所:〒104-0061 東京都中央区銀座5-4-15 銀座エフローレビル5F

電話番号:03-3573-3777

FAX番号:03-3573-3780

営業時間:11:00~18:00 展覧会の開催していない、日・祝日は休館。

取扱い作家 絵画

ページのトップへ戻る