絵画買取は「信用第一」。その言葉をモットーに銀座でやってます。

ギャラリーボヤージュタイトルロゴ

土田麦僊

日本画メイン画像

土田麦僊(つちだばくせん)

東洋と西洋の融合に果敢に挑んだ日本画家

17歳で竹内栖鳳の弟子となり、入門半年足らずで新古美術展に入賞。数々の絵画展で評価され、急速に画才を開花させる。ゴーギャンの影響が強くにじむ≪島の女≫や、ルノワール風の女性表現と桃山絵画の装飾美を巧みに融合した≪湯女≫などからは、西洋の美術思潮を意欲的に学び、従来にない大胆な表現に挑戦していたことがうかがえます。

1921年(大正10年)から1年半、ヨーロッパでの遊学も経験しているそうです。

では、そんな土田麦僊について当ギャラリーの見解をお伝えさせていただきます。

イタリア・ルネサンスのフレスコ画の影響

晩年の作品は、線が細く、繊細で鋭いため「鉄線描」と名付けた技法を好んだ。真っ直ぐで迷いのない線で描かれているのが特徴。

やまと絵や四条派の技法に西洋画の技法を取り入れ

主な作品種類は絹本・彩色、紙本・彩色、鉛筆など。なお鑑定期間は東京・新橋の東京美術倶楽部になります。

土田麦僊 略歴

明治20年(1887)- 昭和11年(1936)

新潟県佐渡に生まれ、京都で没。

17歳のとき京都に出て鈴木松年の門に入り、のち竹内栖鳳に師事した。

        
明治42年京都市立絵画専門学校が設立されるとともに入学。
同44年第5回文展「髪」で注目された。
大正7年国画創作協会を村上華岳、小野竹喬らと設立。
同12年画塾山南会を設立。
昭和3年国画創作協会解散後に帝展に復帰した。

土田麦僊 代表作品

  • ≪湯女≫
  • ≪三人の舞妓≫
  • ≪舞妓林泉図≫など

ギャラリーボヤージュ
ギャラリー写真

住所:〒104-0061 東京都中央区銀座5-4-15 銀座エフローレビル5F

電話番号:03-3573-3777

FAX番号:03-3573-3780

営業時間:11:00~18:00 展覧会の開催していない、日・祝日は休館。

取扱い作家 絵画

ページのトップへ戻る