絵画買取は「信用第一」。その言葉をモットーに銀座でやってます。

ギャラリーボヤージュタイトルロゴ

奥村土牛

日本画メイン画像

奥村土牛(おくむらとぎゅう)

晩年になるほど輝きを放った大らかな気韻

101歳の天寿を全うする直前まで絵筆を握り続けたといわれる奥村土牛。「土牛、石田を耕す」に由来する雅号のとおり、粘り強く努力し続けた大器晩成の画家でありました。今では135点もの土牛作品を所蔵する東京・広尾の山種美術館には、瑞々しく艶やかな気品を放つ83歳の作≪醍醐≫や日本近代絵画の傑作の1つ≪鳴門≫などの代表作が揃います。

また、疎開先だった長野県佐久穂にある奥村土牛記念美術館には、作家自身が寄贈した素描や下図207点が収蔵されています。

では、そんな奥村土牛について当ギャラリーの見解をお伝えさせていただきます。

作品によっては、100回とも200回ともいわれる塗り重ねを重ね

主な作品種類は絹本・彩色、紙本・彩色、版画など。版画作品も比較的流通されており、変わったところでは陶芸作品も制作されております。

花鳥、人物、風景と幅広い主題に挑戦

なお鑑定期間は東京・新橋の東京美術倶楽部になります。

奥村土牛 略歴

明治22年(1889)-平成2年(1990)

東京に生まれ。同地で没。

        
明治38年梶田半古塾に入門し、小林古径の指導を受けた。
大正6年木版スケッチ集「スケッチそのをりをり」を出版した。
昭和2年第14回院展が初入選。
同7年日本美術院同人に推挙された。
同34年第44回院展に出品。
同37年文化勲章を授章した。
同47年第57回院展に出品。
平成元年満百歳を記念して百寿記念 奥村土牛展が開催された。

奥村土牛 代表作品

  • ≪鳴門≫
  • ≪醍醐≫など

奥村土牛 関連記事(cafeボヤージュより)

ギャラリーボヤージュ
ギャラリー写真

住所:〒104-0061 東京都中央区銀座5-4-15 銀座エフローレビル5F

電話番号:03-3573-3777

FAX番号:03-3573-3780

営業時間:11:00~18:00 展覧会の開催していない、日・祝日は休館。

取扱い作家 絵画

ページのトップへ戻る