絵画買取は「信用第一」。その言葉をモットーに銀座でやってます。

ギャラリーボヤージュタイトルロゴ

菱田春草

日本画メイン画像

菱田春草(ひしだしゅんそう)

新しい日本画のあり方を追求

菱田春草は、1900年頃より盟友の横山大観と、日本画で空気や光を表現しようと模索するが、当時の評論家に酷評され、不遇の時期を過ごします。だが菱田春草は逆境にめげず、点描など新しい技法で工夫を凝らし、装飾性と写実性の問題を追求。近代日本画の基礎を築くに至ります。

36歳で亡くなった菱田春草の画業はおよそ15年でした。

では、そんな菱田春草について当ギャラリーの見解をお伝えさせていただきます。

輪郭線を廃した画法「無線描法」にこだわり

完成度が高い作品だと1000万円クラスの作品もあります。やはり早世だったため、希少価値のある日本画家でもあります。

書き込みが少ない小作品は評価も落ちるが

主な作品種類は絹本・彩色、紙本・彩色、水墨画など。なお鑑定期間は東京・新橋の東京美術倶楽部になります。

菱田春草 略歴

明治7年(1874)-明治41年(1911)

長野県伊那郡飯田町に生まれ、東京で没。

はじめ結城正明に師事。

        
明治23年東京美術学校に入学、橋本雅邦や川端玉章らの指導を受けた。
同28年日本美術院の創立に参加。
同36年横山大観とともにインドへ。同37年から38年にかけて岡倉天心、大観と欧米へ旅行し、日本美術を再認識して帰国した。

菱田春草 代表作品

  • ≪落葉≫
  • ≪黒き猫≫など

菱田春草 関連記事(cafeボヤージュより)

ギャラリーボヤージュ
ギャラリー写真

住所:〒104-0061 東京都中央区銀座5-4-15 銀座エフローレビル5F

電話番号:03-3573-3777

FAX番号:03-3573-3780

営業時間:11:00~18:00 展覧会の開催していない、日・祝日は休館。

取扱い作家 絵画

ページのトップへ戻る