絵画買取は「信用第一」。その言葉をモットーに銀座でやってます。

ギャラリーボヤージュタイトルロゴ

平山郁夫

日本画メイン画像

平山郁夫(ひらやまいくお)

仏教を生涯のテーマに旅をした日本画家

平山郁夫は、広島で被爆し、九死に一生を得てから絵画の道へ進みました。被爆の後遺症にも悩んだ20代の末、ふと玄奘三蔵が苦難の旅の末のオアシスに辿り着いた姿を想い、自らの苦境に救いを託して「仏教伝来」を描きました。これが院展で評価され、独自の仏教画を展開することになります。

玄奘三蔵を通してシルクロードに対する憧れをつのらせた平山郁夫は、1966年中央アジアを訪れて以来、シルクロード全域を旅して回ることになります。

では、そんな平山郁夫について当ギャラリーの見解をお伝えさせていただきます。

仏教やシルクロードを題材に

法隆寺などの寺院や、ラクダが登場するシルクロードなどの作品が人気です。

版画作品の価格価値は比較的安定

主な作品種類は絹本・彩色、紙本・彩色、水彩、版画など。版画作品は、現在かなり流通している。

原画の場合、贋作もかなり存在しているが

なお鑑定期間は東京・新橋の東京美術倶楽部になります。

平山郁夫 略歴

昭和5年(1930)-平成21年(2009)

広島県出身。

        
昭和36年第46回院展日本美術院賞。
同38年第48回院展奨励賞。
同39年第49回院展文部大臣賞。
同53年第63回院展内閣総理大臣賞。
平成5年文化功労者。
同10年文化勲章。

平山郁夫 代表作品

  • ≪入涅槃幻想≫
  • ≪画禅院青邨先生還浄図≫など

平山郁夫 関連記事(cafeボヤージュより)

ギャラリーボヤージュ
ギャラリー写真

住所:〒104-0061 東京都中央区銀座5-4-15 銀座エフローレビル5F

電話番号:03-3573-3777

FAX番号:03-3573-3780

営業時間:11:00~18:00 展覧会の開催していない、日・祝日は休館。

取扱い作家 絵画

ページのトップへ戻る