絵画買取は「信用第一」。その言葉をモットーに銀座でやってます。

ギャラリーボヤージュタイトルロゴ

ボナール

外国人洋画メイン画像

ピエール・ボナール(Pierre Bonnard)

「色彩の魔術師」と呼ばれた画家
ピエール・ボナール「小さな洗濯女」1896年

ナビ派(19世紀末のパリで活動した、前衛的な美術家の集団)の代表的な画家として活躍。ごく身近で平和な日常を色鮮やかな明るいタッチで描いたことから、「親密派」(アンティミスト)とも呼ばれました。

浮世絵の特質である平面的で装飾性に富む日本絵画からの影響を受け、装飾的で象徴的な画風を得意としました。

では、そんなボナールについて当ギャラリーの見解をお伝えさせていただきます。

ボナール自身による版画やポスターも制作

主な作品の技法は、油彩、水彩、版画など。

ベルネーム=ジューヌの邸宅を描いた作品も

絵画作品の確認は、ベルネーム=ジューヌ画廊(Bernheim-Jeune)著書・編者のカタログ・レゾネの掲載が前提になります。

ボナール 略歴

1867-1947

パリ近郊のフォントー・オー・ローズで陸軍省高官の家庭に生まれる。

        
1887年パリで大学法学部に在籍しながらアカデミー・ジュリアンで学ぶ。
1889年アカデミー・ジュリアンで友人のドニ、イベル、セリュジエ、ランソン、ヴュイアールらと共にナビ派を結成。
1890年官立美術学校で開催された日本美術展に感銘を受け、浮世絵の平面的な形態把握と構図を研究。
1891年アール・ヌーヴォー風のポスター≪フランス・シャンパーニュ≫を発表。 またナビ派に加わったヴュイヤールとともに日常生活を題材とした作品の制作をすすめる。
1893年マリア・ブールサンと出会い、その後、彼女をモデルとした裸婦像の制作をはじめる。
1924年身繕いをする女性を主題としたシリーズを制作していく。

ボナール 代表作品

  • ≪戯れる二匹の犬≫
  • ≪昼食≫など

ボナール 関連記事(cafeボヤージュより)

ギャラリーボヤージュ
ギャラリー写真

住所:〒104-0061 東京都中央区銀座5-4-15 銀座エフローレビル5F

電話番号:03-3573-3777

FAX番号:03-3573-3780

営業時間:11:00~18:00 展覧会の開催していない、日・祝日は休館。

取扱い作家 絵画

ページのトップへ戻る