絵画買取は「信用第一」。その言葉をモットーに銀座でやってます。

ギャラリーボヤージュタイトルロゴ

シニャック

外国人洋画メイン画像

ポール・シニャック(Paul Signac)

絵画と科学の融合

印象派を乗り越えようとした新印象主義の中心人物。ジョルジュ・スーラと共に点描画を研究し発展させた。ただ早世だったスーラの生み出した理論の普及に尽力に努め、広く世に知らしめた。その理論はマティスらの絵画運動、フォーヴィズム(野獣派)に影響を与えました。

晩年は、新印象主義の厳格な理論から少しずつ解放されて行き、より自由な作風に変化して行きました。

では、そんなシニャックについて当ギャラリーの見解をお伝えさせていただきます。

海辺や港の風景、ヨットなどを好んで描いた

主な作品の技法は、油彩、デッサン、版画など。なお、作品の確認はフランソワーズ・カシャン(FrancoiseCachin)著書・編者のカタログ・レゾネの掲載が前提になります。

国立西洋美術館、大原美術館などでは鑑賞できますが

展覧会での鑑賞以外拝見することも難しい作家でもあります。デッサン・版画などが国内でのアート・オークション市場でも出品されることはありますが、油彩作品が出品されることは稀です。

シニャック 略歴

1863-1935

フランスのパリに生まれる。ラ・ヴィ・モデルヌ画廊でのモネ展を見て、画家になる決意をする。

        
1884年独立(アンデパンダン)芸術家協会の設立に動く。スーラと出会い新印象主義となる技法を追求。以後、同展に定期的に出品。
1886年スーラとともに新印象派の指導的立場となる。
1887年「レ・ヴァン展」に招かれたスーラとともにブリュッセルへ。ベルギーの画家たちとも交流を深める。
1892年前年にスーラが死去し、同年の「二十人展」とアンデパンダン展でスーラの遺作回顧展の開催に尽力。
1899年自身の時代の証言・理論としてまとめた「ヴジェーヌ・ドラクロワから新印象主義まで」を出版する。

シニャック 代表作品

  • ≪サン=トロペの港≫
  • ≪赤い浮標≫など

ギャラリーボヤージュ
ギャラリー写真

住所:〒104-0061 東京都中央区銀座5-4-15 銀座エフローレビル5F

電話番号:03-3573-3777

FAX番号:03-3573-3780

営業時間:11:00~18:00 展覧会の開催していない、日・祝日は休館。

取扱い作家 絵画

ページのトップへ戻る