絵画買取は「信用第一」。その言葉をモットーに銀座でやってます。

ギャラリーボヤージュタイトルロゴ

セザンヌ

外国人洋画メイン画像

ポール・セザンヌ(Paul Cezanne)

近代絵画の父

新印象主義の代表的作家。南フランスの出身で、パリに学び、印象派に参加する。その深い造形性は印象派を超え、キュビズムをはじめとした20世紀、21世紀の芸術に大きな影響を与えている。独特な筆触分割の方法論はセザンヌの署名の表れとも言える。

後進への手紙の中で「自然を円筒、球、円錐として捉えなさい」と書き、この言葉が後世の画家たちに大きな影響を与えた。

では、そんなセザンヌについて当ギャラリーの見解をお伝えさせていただきます。

多視点描画法を用いて静物画や風景画を制作

主な作品の技法は、油彩、デッサン、水彩、版画など。

やはり出品作品は億単位

現在もアート・オークション市場でも価格が高騰している作家のひとり。

ただ油彩は海外オークション市場が主流

美術館での鑑賞するぐらいしか拝見することも難しい作家でもあります。油彩作品が国内のアート・オークション市場で出品されることは稀です。

セザンヌ 略歴

1839-1906

南フランスのプロヴァンスにて生まれる。

        
1862年ロマン主義画家のドラクロワや写実主義のクールベ、印象派のマネの影響を受け、 カミーユ・ピサロより印象派の技法の手ほどきをうける。
1874年第1回印象派展~第3回まで出品する。
1895年個展が成功し、広く受け入れられるようになる。

セザンヌ 代表作品

  • ≪サント・ヴィクトワール山≫
  • ≪リンゴとオレンジのある静物≫など

ギャラリーボヤージュ
ギャラリー写真

住所:〒104-0061 東京都中央区銀座5-4-15 銀座エフローレビル5F

電話番号:03-3573-3777

FAX番号:03-3573-3780

営業時間:11:00~18:00 展覧会の開催していない、日・祝日は休館。

取扱い作家 絵画

ページのトップへ戻る