絵画買取は「信用第一」。その言葉をモットーに銀座でやってます。

ギャラリーボヤージュタイトルロゴ

ローランサン

外国人洋画メイン画像

マリー・ローランサン(Marie Lauremcin)

優美な女性たち

フランスの女流画家。エコール・ド・パリの時代にピカソを介して、詩人のアポリネールらと親交を結ぶ。当初はキュビズム的な傾向の作品を描いていたが、次第に優美な女性たちが甘美な世界にまどろむ独自の作風を確立。女性の神秘性や普遍性を捉えた作品を描いた。

水彩画、銅版画やリトグラフによる挿絵、そしてロシア・バレエなどの舞台美術も手がけた。

では、当ギャラリーでのローランサンについての価格査定の見解などをお伝えさせていただきます。

「少女」は華やかな表情の作品が人気

やはり「花」、「少女」などの図柄が人気である。初期の作品は暗めの作風で、人物画に関しても晩年に比べて顔の表情に対して険しさを感じる。

鑑定所有、カタログ・レゾネの掲載は重要

作品確認に関して、鑑定人マルシェッソー(Daniel Marchesseau)の鑑定が重要になってきます。なお、カタログ・レゾネに関してもマルシェッソー著書・編集の品になります。

パステルカラーで愛らしい造形

主な作品の技法は、油彩、水彩、パステル、版画など。

ローランサン 略歴

1883-1956

パリに生まれる。

        
1893年パリのリセ・ラマルティーヌに入学。
1904年リセ・ラマルティーヌ卒業。画塾アカデミー・アンベールに入り、ジョルジュ・ブラックらと出会う。
1906年ブラックの伝手でパリの「洗濯船」アトリエでピカソらの仲間に加わる。
1912年パリのバルバザンジュ画廊において展覧会を開催。
1914年ヴェッチェンと結婚し、スペインへ亡命。
1921年パリへ転居。ロザンベール画廊での個展が成功。
1932年「パリ16区のアトリエ」にて教鞭をとる。

ローランサン 代表作品

  • ≪ココ・シャネル嬢の肖像≫
  • ≪接吻≫など

ローランサン 関連記事(cafeボヤージュより)

ギャラリーボヤージュ
ギャラリー写真

住所:〒104-0061 東京都中央区銀座5-4-15 銀座エフローレビル5F

電話番号:03-3573-3777

FAX番号:03-3573-3780

営業時間:11:00~18:00 展覧会の開催していない、日・祝日は休館。

取扱い作家 絵画

ページのトップへ戻る