絵画買取は「信用第一」。その言葉をモットーに銀座でやってます。

ギャラリーボヤージュタイトルロゴ

シャガール

外国人洋画メイン画像

マルク・シャガール(Marc Chagall)

色彩の詩人

ロシアで生まれ、フランスにて活躍したシュルレアリスムの先駆的存在。パリにてキュビズムなどの影響を受けたのち、革命後のロシアに戻り、そして再びパリで創作活動をした。恋人たちや動物が空中に舞い、時には故郷、そして敬虔な宗教精神が生きた世界を色鮮やかに描いている。のちにフランスに帰化しています。

晩年は、パリのオペラ座(オペラ・ガルニエ)の天井画を、そして舞台デザイン、陶器絵付けなども手がけました。

では、そんなシャガールについて当ギャラリーの見解をお伝えさせていただきます。

寄り添う恋人たち

比較的、初期の作品の評価が高く、アート・オークション市場でも伸びを見せます。恋人たちが描かれた作品が根強い人気があり、その中でもシャガールの青色を好む傾向があります。油彩画でもだいたいの作品が何千万円かで購入が可能です。

版画作品はクオリティによって値段に開きあり

主な作品の技法は、油彩、アクリル、テンペラ、ガッシュ、パステル、デッサン、版画など。

ただ版画作品は贋作まで流通

鑑定(鑑定期間:コミテ・シャガール)取得もかなり複雑であるため、贋作が売れてしまうという悪循環もあります。近年では版画の贋作まで流通している状況です。

シャガール 略歴

1887-1985

ロシア、ヴィテブスクに生まれる。

        
1910年パリに移住。この時期は、エコール・ドパリの一員に。
1922年リトアニアでの個展。ロシアを去る。版画技法を学ぶ。
1923年パリへ。画商ヴォラールからの注文で≪死せる魂≫≪寓話≫≪聖書≫などの挿画のための版画を制作。
1946年NY近代美術館で個展。
1947年フランスに戻る。パリ近代美術館で回顧展。
1950年南仏ヴァンスに転居。フェルナン・ムルロ工房で版画制作。

シャガール 代表作品

  • ≪七本指の自画像≫
  • ≪青いサーカス≫
  • ≪イカルスの墜落≫など

シャガール 関連記事(cafeボヤージュより)

ギャラリーボヤージュ
ギャラリー写真

住所:〒104-0061 東京都中央区銀座5-4-15 銀座エフローレビル5F

電話番号:03-3573-3777

FAX番号:03-3573-3780

営業時間:11:00~18:00 展覧会の開催していない、日・祝日は休館。

取扱い作家 絵画

ページのトップへ戻る