絵画買取は「信用第一」。その言葉をモットーに銀座でやってます。

ギャラリーボヤージュタイトルロゴ

クールベ

外国人洋画メイン画像

ギュスターヴ・クールベ(Gustave Courbet)

写実主義(レアリスム)運動を率いた画家

19世紀フランスの写実主義画家。パリで独学で創作しながら、古典の自然主義・理想主義を追求した。一方でサロンの理想的な絵画傾向を否定し、現実の観察に忠実に、視覚的リアリズムに徹した。一方で日常生活に題材を求め、それを重厚なマティエール(材料や材質など素材感)で描きました。印象派の画家が登場してくる前の画家でもあります。

詩人のシャルル・ボードレールとも親交が深かった。

では、そんなクールベについて当ギャラリーの見解をお伝えさせていただきます。

「狩猟」をテーマにした作品を多く描いた

主な作品の技法は、油彩、デッサン、版画など。

また農民や労働者の日常を題材にも

絵画作品の確認は、ウイルデンスタイン(監修:Robert Fernier)のカタログ・レゾネの掲載が前提になります。

クールベ 略歴

1819-1877

フランス・オルナンの農場経営者の家庭に生まれる。

ブザンソン王立中学校で絵画の授業を受け、パリでアカデミズムの画家ストゥーバンに学ぶ。

        
1844年≪黒い犬を連れた自画像≫がサロンで初入選。
1860年大家として名が知られ、ドイツへ滞在。
1870年レジオン・ドヌール勲章の受章を公開状で辞退し、話題を集める。
1873年スイスに亡命。
1875年スイスのレマン湖近くに定住。

クールベ 代表作品

  • ≪オルナンの埋葬≫
  • ≪画家のアトリエ≫など

ギャラリーボヤージュ
ギャラリー写真

住所:〒104-0061 東京都中央区銀座5-4-15 銀座エフローレビル5F

電話番号:03-3573-3777

FAX番号:03-3573-3780

営業時間:11:00~18:00 展覧会の開催していない、日・祝日は休館。

取扱い作家 絵画

ページのトップへ戻る