絵画買取は「信用第一」。その言葉をモットーに銀座でやってます。

ギャラリーボヤージュタイトルロゴ

マネ

外国人洋画メイン画像

エドゥアール・マネ(Edouard Manet)

印象派の先駆的画家

19世紀に活躍したフランスの写実主義画家で印象派の先駆。≪草上の昼食≫≪オランピア≫など、スキャンダラスな作品で知られるが、詩人のシャルル・ボードレールなどから高く評価を得られました。自由で明快な色彩と確かな量感表現が特徴でした。

晩年の代表作である≪フォリー・ベルジェールのバー≫は、左足を切断した後、痛みに耐えながら制作したと言われております。

では、そんなマネについて当ギャラリーの見解をお伝えさせていただきます。

制作数が比較的少ない作家でも

主な作品の技法は、油彩、水彩、版画など。なおカタログ・レゾネは美術品商であるウイルデンスタインより刊行されております。

やはり出品作品は千・億単位

現在もアート・オークション市場でも価格が高騰している作家のひとり。

しかし、海外オークション市場でも希少

やはり展覧会での鑑賞以外拝見することも難しい作家でもあります。海外でのアート・オークション市場でさえ、油彩作品が出品されることも年に数点で、国内ではほぼありません。

マネ 略歴

1832-1883

パリに生まれる。

        
1849年17歳の時に画家になることを決意。
1850年トマ・クーチュールに弟子入り。
1859年初めてサロンが落選したが、審査員を務めたドラクロワや詩人のシャルル・ボードレールからは高く評価された。
1861年サロンに出品し、2作とも初入選する。
1870年自らが示唆を与えた印象主義から逆に影響を受け、戸外での制作を積極的に行い、作風も印象派に特有の素早い筆致が目立つようになった。

マネ 代表作品

  • ≪笛を吹く少年≫
  • ≪ベルト・モリゾの肖像≫など

ギャラリーボヤージュ
ギャラリー写真

住所:〒104-0061 東京都中央区銀座5-4-15 銀座エフローレビル5F

電話番号:03-3573-3777

FAX番号:03-3573-3780

営業時間:11:00~18:00 展覧会の開催していない、日・祝日は休館。

取扱い作家 絵画

ページのトップへ戻る