絵画買取は「信用第一」。その言葉をモットーに銀座でやってます。

ギャラリーボヤージュタイトルロゴ

ジャコメッティ

外国人洋画メイン画像

アルベルト・ジャコメッティ(Alberto Giacometti)

自己の独特なフォルム

スイス出身の20世紀のシュルレアリスム彫刻家。はじめはブールデルに学び、具象彫刻の道を歩むが、キュビズム、シュルレアリスム、原始彫刻などの影響を受け、のちに抽象と具象の間を行き交うような彫刻を制作し始める。作品の特徴としては、凸凹の肉付けもなく量感の限界といえるような人像彫刻が挙げられ、古代彫刻と結び付けられて論じられる。

また哲学者サルトルや、パリに留学していた日本の哲学者・矢内原伊作とも交流があり、同時代の実在主義(人間の実存を哲学の中心におく思想的立場)思想にも通じた。

ジャコメッティ 略歴

1901-1966

スイスのボルゴノーヴォでスイス印象派の重要な画家、ジョヴァンニ・ジャコメッティを父に生まれ、早くから絵画、彫刻の才を発揮した。

ジュネーブで美術を学び、イタリア滞在の後にパリに移る。

        
1922年アカデミー・ド・ラ・グランド=ショミエールでブールデルに師事する。
1925年リプシッツらキュビズムに影響を受けたブロンズ彫刻を制作。
1930年シュルリアリズム運動に加わってエロティックなオブジェや骨組みや檻のある作品を発表した。
1935年具象や抽象など様々な様式を模索。
1962年ヴェネチア・ビエンナーレで彫刻大賞を受賞。

ジャコメッティ 代表作品

  • ≪午前4時の宮殿≫
  • ≪歩く男≫など

ジャコメッティ 関連記事(cafeボヤージュより)

ギャラリーボヤージュ
ギャラリー写真

住所:〒104-0061 東京都中央区銀座5-4-15 銀座エフローレビル5F

電話番号:03-3573-3777

FAX番号:03-3573-3780

営業時間:11:00~18:00 展覧会の開催していない、日・祝日は休館。

取扱い作家 絵画

ページのトップへ戻る