絵画買取は「信用第一」。その言葉をモットーに銀座でやってます。

ギャラリーボヤージュタイトルロゴ

モンドリアン

現代アートメイン画像

ピエト・モンドリアン(Piet Mondrian)

抽象絵画の先駆者

抽象絵画の創始者の一人。初期のころは、故郷オランダの風景画を描いておりました。抽象的な作風に変化するのは、ピカソやブラックなどのキュビスムに影響を受けたことによります。その頃から画面は徐々に単純化し始めました。

1917年、「デ・スティル」というグループを結成し芸術運動を行う。そこで、垂直線と水平線、3原色、無彩色からなる絵画を制作し、のちに工業・建築デザインにも影響を与えます。

そんなモンドリアンについて当ギャラリーの見解をお伝えさせていただきます。

「新造形主義」という幾何学的抽象画

主な作品の技法は、油彩、水彩、木炭、版画など。初期の風景、樹木などを描いた作品もアート・オークション市場で出品されることもあるが、人気はやはり抽象画。

複製、ポスターは国内で目にしますが

やはり海外が主流になり、オリジナル作品が国内のアート・オークション市場で出品されることは、ほぼ無いです。版画自身も流通性はかなり低い。

モンドリアン 略歴

1872-1944

オランダのアメルスフォールトに生まれた。

        
1912年パリに移住。キュビズムの影響を受ける。そして、さらに進化し、抽象的な造形に。
1917年造形運動「ザ・ステイル」を立ち上げ、中心メンバーとして活動。
1920年著書「新造形主義」のフランス語版が出版される。
1930年「円と正方形」グループに参加。
1938年ドイツ・ナチスの脅威が拡大し、ロンドンへ。
1942年初めての個展をヴァレンタイン・デュウデンシング画廊で開催。

モンドリアン 代表作品

  • ≪ブロードウェイ・ブギウギ≫
  • ≪赤・青・黄のコンポジション≫など

ギャラリーボヤージュ
ギャラリー写真

住所:〒104-0061 東京都中央区銀座5-4-15 銀座エフローレビル5F

電話番号:03-3573-3777

FAX番号:03-3573-3780

営業時間:11:00~18:00 展覧会の開催していない、日・祝日は休館。

取扱い作家 絵画

ページのトップへ戻る