上前智祐

上前智祐(うえまえ ちゆう)

非具象絵画も追求し、独創的な〝縫い〟による平面と立体作品、オブジェ、版画も創作。

上前智祐 略歴

大正9年(1920)-

京都生まれ。

1947年、黒田重太郎に師事。1952年、吉原治良と出会い師事し、1954年に具体美術協会(1972年の解散まで出品)の結成に参加。

1999年に紺綬褒賞・兵庫県文化賞を受賞。2005年に「上前智祐と具体美術協会展」を福岡市美術館で開催。その他個展・グループ展多数開催。

上前智祐 代表作

  • 「縫」
  • 「縫立体」 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ