菅木志雄

菅木志雄(すが きしお)

「もの派」は、1960年代末に始まり、1970年代中期まで続いた日本の現代美術の大きな動向である。石、木、紙、綿、金属板などといった(もの)を単体で、あるいは組み合わせて作品とした。

菅木志雄 略歴

昭和19年(1944)-

岩手県盛岡市に生まれる。

1967年、第11回シェル美術賞を受賞。

1978年、第38回ヴェネチア・ビエンナーレ(ジャルディーニ 日本館)

1981年、第16回サンパウロ・ビエンナーレ(パルケ・イビラ・プエラ)

2005年、韓国・大邱市の新羅ギャラリーで個展を開催。

菅木志雄 代表作

  • 「状況律」
  • 「等間体」 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ