ソル・ルウィット

ソル・ルウィット(Sol LeWitt)

現代美術の重要な動向であるミニマルアート(最小限の芸術)の代表的な作家。
芸術家の発想や制作の過程に重点を置いたコンセプチュアル・アートを提唱した。

ソル・ルウィット 略歴

1928-2007

アメリカのコネチカット州ハートフォード生まれ。
1949年
シラキューズ大学を卒業。
1960年
ニューヨーク近代美術館の下級職員となる。
1966年
プライマリー・ストラクチャー展に出展。
1973年
オックスフォード近代美術館で個展開催。
1986年
ロンドン テート・ギャラリーで回顧展開催。
1992年
ヘメーンテ美術館ほかで「ドローイング:1958-1992」展開催。
1993年
オックスフォード近代美術館ほかで「構造:1962-1993」展開催。
1998年
P.S. 1現代センターほかで「コンクリート・ブロックス」展開催。
1994年
アディソンギャラリーほかで「ウォールドローイング:1968-1993」展開催。
2004年
ロサンゼルス現代美術館ほかで目的として芸術:1958-1968」展開催。

ソル・ルウィット 代表作

  • 「Splotch」シリーズ etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ