関根伸夫

関根伸夫(せきね のぶお)

1968年から1970年にかけて「もの派」をリードする作品を次々に発表。「公共空間を活性化させるアート」に関心を示し、東京都庁舎シティーホール前の《水の神殿》をはじめ、さまざまなモニュメントやプロジェクトを実現。

関根伸夫 略歴

昭和17年(1942)-

埼玉県に生まれる。

1968年、多摩美術大学大学院油絵研究科修了(斎藤義重氏に師事)。

1970年、第35回ヴェネチア・ビエンナーレ参加。2年間ヨーロッパに滞在。

1976年、第10回東京版画ビエンナーレ展(東京国立近代美術)。

1987年、「位相絵画展」を日本で巡回。

2004年、金昌烈・関根伸夫・坂口登-三人展。

関根伸夫 代表作

  • 「位相―大地」
  • 「空相」 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ