バスキア

ジャン・ミシェル・バスキア(Jean-Michel Basquiat)

突出したセンスとストリートで培った独自の作風。
そのペイントは滑稽だったり、政治、宗教、哲学を暗に入れた。

バスキア 略歴

1960-1988

ニューヨークのブルックリンに生まれる。
父親はハイチ人。母親はプエルトリコ人。
1974年
父親の仕事で2年間、プエルトリコに住んだ。
1976年
ニューヨークに戻りブルックリンにある高校に進む。
1977年
グラフィティ・アーティストのアリ・ディアズと共に、SAMOという架空のアーティスト名を作り、 マンハッタン南端部の建物にグラフィティ・スプレー・ペイントをして、SAMOのサインを入れた。同年、高校を中退。
1980年
Colabとタイムズ・スクエアのファッション・ギャラリーで、最初のグループ展。
1981年
イタリアで個展を開く。
1982年
ニューヨークで個展を開き、その後スイス、ロサンゼルスなどで個展を開く。この年、アンディ・ウォーホルと出会う。
1984年
ウォーホル、クレメンテとともに共作。
1985年
スイス、ニューヨーク、東京で個展。
1987年
パリで個展。同年、ウォーホールが死去。互いに刺激しあう関係は続いた。

バスキア 代表作

  • リンソ
  • ペル・キャピタ(一人当たり) etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ