ビンセント・ヴァン・ゴッホ(Vincent van Gogh)

ポスト印象派の代表的画家。
印象派の華やかな色彩を自分のものとし、象徴主義的に絵画を描いた。

ゴッホ 略歴

1853-1890

オランダの南ブラバント州ズンデルトで牧師の家庭に生まれる。
1880年
画家になる決意。ブリュッセルのアカデミーで解剖学と遠近法を学ぶ。
1882年
従兄の画家、アントン・マウフェに就いて本格的に画業開始。
1886年
モンマルトルのアトリエに通い、ロートレックらと知り合う。また、印象派を知り、次第に色彩に変化が生じていく。
1888年
パリの喧噪を逃れ、南仏のアルルへ。ラマルティーヌ広場に「黄色い家」をアトリエ兼住居として賃貸。 ゴッホとしての独自の画業に到達。ゴーギャンが到着し共同生活をはじめるが、すぐに確執・決別。
1889年
サン=レミの精神療養院に自ら入院。
1890年
ブリュッセルの「レ・ヴァン(20人会)」展に作品が出品される。アンデパンダン展に10点出品。

ゴッホ 代表作

  • ひまわり
  • 夜のカフェテラス
  • カラスのいる麦畑 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ