マグリット

ルネ・マグリット(Rene Magritte)

シュルレアリスムを代表する画家の一人。
ありふれた物質や見慣れた風景をあわせ、提示することによって、これまでにない「静なる驚異」の世界を作り出した。

マグリット 略歴

1898-1967

ベルギーのエノー地方のレッシーヌで婦人帽子店の家庭に生まれる。
1916年
ブリュッセルの美術学校に入学し学ぶ。
1927年
パリに出て、ブルトンのサークルに加わる。パリには30年まで滞在。シュルレアリスム運動に加わる。
1928年
ギャルリー・グーマンスでの「シュルレアリスト展」に参加。
1933年
ベルギーでのシュルレアリスム運動を続ける。ブリュッセルの美術宮で個展。
1938年
ジュリアン・レヴィ画廊とロンドン画廊で新作展。パリとアムステルダムのシュルレアリスム国際展に参加。
1956年
イオラスと独占契約を結び、ヨーロッパ各地で展覧会。グッゲンハイム賞を受賞する。
1960年
リエージェ美術館、ダラス現代美術館で回顧展。
1965年
NY近代美術館での回顧展のために渡米。

マグリット 代表作

  • 光の帝国
  • 大家族 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ