ピエール・ボナール(Pierre Bonnard)

ナビ派(19世紀末のパリで活動した、前衛的な美術家の集団)の代表的な画家として活躍。
浮世絵の特質である平面的で装飾性に富む日本絵画からの影響を受け、装飾的で象徴的な画風を得意とした。

ボナール 略歴

1867-1947

パリ近郊のフォントー・オー・ローズで陸軍省高官の家庭に生まれる。
1887年
パリで大学法学部に在籍しながらアカデミー・ジュリアンで学ぶ。
1888年
アカデミー・ジュリアンで友人のドニ、イベル、セリュジエ、ランソン、ヴュイアールらと共にナビ派を結成。
1890年
官立美術学校で開催された日本美術展に感銘を受け、浮世絵の平面的な形態把握と構図を研究。
1891年
アール・ヌーヴォー風のポスター「フランス・シャンパーニュ」を発表。 またナビ派に加わったヴュイヤールとともに日常生活を題材とした作品の制作をすすめる。
1893年
マリア・ブールサンと出会い、その後、彼女をモデルとした裸婦像の制作をはじめる。
1924年
身繕いをする女性を主題としたシリーズを制作していく。

ボナール 代表作

  • 戯れる二匹の犬
  • 昼食 etc

主な取り扱い作家

主な取り扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ
美術品お探しへ

検索