ゴーギャン

ポール・ゴーギャン(Paul Gauguin)

フランスのポスト印象派の一人。
単純な輪郭線で区切られた色面によって画面を構成するのが特色。
ゴッホの親友だったことでも有名。

ゴーギャン 略歴

1848-1903

パリのジャーナリストの家庭に生まれる。
1871年
株式仲買店に勤務。絵画への興味が高まる。
1879年
ピサロやドガと会い、第4回印象派展に彫刻を出品。以後、第8回(最後)まで出品を続ける。
1884年
ルーアンに転居。その年、夫人は子供を連れて実家へ戻る。翌年、ロンドン旅行。
1886年
アルルのゴッホの家に滞在。しかし、耳切り事件の後、パリへ戻る。
1889年
リトグラフ連作を制作。
1891年
油彩の売りたてを行いタヒチへ。
1893年
帰国。タヒチ作品の個展を開催。ノア・ノアの執筆開始。
1895年
再度タヒチへ。

ゴーギャン 代表作

  • タヒチの女(浜辺にて)
  • われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか etc
ゴーギャン アート市場状況

基本的に農村など日常の風景などが主だが、タヒチの風景などは段違いに高値がつく。
数少ないが陶器やブロンズなどもある。

贋作度(5段階): 3
* 現在流通している作品で偽物の流通度合を示したものです。
1~5段階で評価したものです。3~5段階つくものはかなり危険です。

ゴーギャン 作品種類
  • 油彩、パステル、版画、陶器
ゴーギャン 鑑定機関
  • ウィルデンシュタイン
    (鑑定機関は変わる場合もありますのでご注意下さい。)

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ