デルヴォー

ポール・デルヴォー(Paul Delvaux)

20世紀のベルギーを代表するシュールレアリスム(超現実主義)絵画の巨匠。
後期印象派風の風景画から出発し、人体模型などに触発されながらシュールレアリスムへと作風を変えた。

デルヴォー 略歴

1897-1994

ベルギー、アンテートの弁護士の家庭に生まれる。
1924年
後期印象派グループ展に出品。出品作品が売れる。
1926年
ブリュセルのマントー画廊で個展。29年まで毎年個展開催。
1932年
シュール・レアリスムに衝撃を受ける。この頃より、画風に変化がみられる。
1946年
アメリカでの個展が成功。49年まで毎年アメリカで個展開催。
1951年
「鉄の時代」を制作。
1965年
ベルギー王立アカデミー美術部門長に任命。
1966年
リトグラフ制作。以後、リトグラフの制作を続ける。

デルヴォー 代表作

  • 鉄の時代
  • 人魚の村 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ