セザンヌ

ポール・セザンヌ(Paul Cezanne)

後期印象派の時期に活躍し、「近代絵画の父」として知られる。
後進への手紙の中で「自然を円筒、球、円錐として捉えなさい」と書き、この言葉がのちのキュビスムに大きな影響を与えた。

セザンヌ 略歴

1839-1906

南フランスのプロヴァンスにて生まれる。
1862年
ロマン主義画家のドラクロワや写実主義のクールベ、印象派のマネの影響を受け、 カミーユ・ピサロより印象派の技法の手ほどきをうける。
1874年
第一回印象派展~第三回まで出品する。
1895年
個展が成功し、広く受け入れられるようになる。

セザンヌ 代表作

  • サント・ヴィクトワール山
  • リンゴとオレンジのある静物 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ