アイズピリ

ポール・アイズピリ(Paul aizpiri)

独自の様式による色彩世界を創造し、パリ画壇を代表する具象画家として知られる。

アイズピリ 略歴

1919-

パリで生まれる。
ブール象眼学校に入学後、絵画を志しパリ美術学校に転校サバテの指導を受ける。
1939年
徴兵され、第二次世界大戦でドイツ軍の捕虜となったが脱走する。
1945年
フランス解放後「青年絵画展」(サロン・ド・ジューヌ・パンテュール)の創立会員となる。
1946年
青年絵画展で三等賞受賞。
1951年
プリ・ナショナル賞受賞。
1954年
ぺトリデス、ロマネ各画廊にて個展開催。
1963年
国際形象展出品。以降、毎年出品を続ける。
1971年
トゥールで、ジュマイ賞受賞。
1980年
一年間にわたって、ナント、アンジュール、セーユ、ボルドーにてフランスの風景展開催。

アイズピリ 代表作

  • ルーブルの橋
  • 飾られた花 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ