パブロ・ピカソ(Pablo Picasso)

スペインが生んだ20世紀最大の画家・彫刻家。
斬新な形式を開拓しつづけ、新様式や新技法をあみだし作風を変化していった。

ピカソ 略歴

1881-1973

スペイン南部マラガで生まれる。
1900年
パリに定住。ロートレックの影響を強く受ける。
1901年
パリで初の個展。
1904年
「洗濯船」と呼ばれたマンションで、ローランサン、アポリネールらと 親交を深める。
1907年
キュビズムの記念作『アヴィニヨンの娘たち』を製作。
1937年
ゲルニカ作成。パリ万博スペイン館にて発表する。
1955年
南フランスの陶芸の街、ヴァロリスに移り住む。

ピカソ 代表作

  • パイプを持つ少年
  • アビニョンの娘たち
  • ゲルニカ etc
ピカソ アート市場状況

コレクターも多く、オークションでも一流の作品であれば、あるほどすごい伸びを見せる。
さすがに贋作も多く、取り扱いには注意が。
一般的に青の時代(1901~1904年ぐらい)の作品が評価が高いので小品でも何十億円もする場合があります。
次にキュビズム、後期となっていますが、もちろん作品によって 価格が違います。版画でも何千万するものも何点もあります。(クラナッハ、貧しき食事など)

贋作度(5段階): 4
* 現在流通している作品で偽物の流通度合を示したものです。
1~5段階で評価したものです。3~5段階つくものはかなり危険です。

ピカソ 作品種類
  • 版画、ブロンズ、陶器、水彩、デッサン、パステル、油彩
ピカソ 鑑定機関
  • マヤ・ピカソ
    (鑑定機関は変わる場合もありますのでご注意下さい。)

主な取り扱い作家

主な取り扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ
美術品お探しへ

検索