キスリング

モーイズ・キスリング(Moise Kisling)

エコール・ド・パリを代表する画家の一人。
艶やかな質感と鮮やかな色遣いが真骨頂とも言えます。

キスリング 略歴

1891-1953

ポーランド・クラクフに生まれる。
1910年
パリに住居を移す。
1912年
モンマルトルのバトー・ラヴォワール(洗濯船)に住む。
サロン・ドートンヌとアンデパンダン展に出品。
1919年
ギャラリー・ド・リュエで初個展開催。好評を博す。

キスリング 代表作

  • ポーランド風の肩掛の娘
  • モンパルナスのキキ etc
キスリング アート市場状況

ジャン・キスリングのカタログレゾネがあるので、作品の確認の際、掲載がない場合は、鑑定書を依頼が必要。再発行は大変。
人気は「花」と「人物」(裸婦も)。最近は1000万円を下回る作品もある。

贋作度(5段階): 4
* 現在流通している作品で偽物の流通度合を示したものです。
1~5段階で評価したものです。3~5段階つくものはかなり危険です。

キスリング 作品種類
  • 油彩、水彩、版画
キスリング 鑑定機関
  • ジャン・キスリング
    (鑑定機関は変わる場合もありますのでご注意下さい。)

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ