マリー・ローランサン(Marie Lauremcin)

フランスの女性画家。
バラ色・灰色・青色などの淡い色調で、優美な女性たちを描き続けた。

ローランサン 略歴

1883-1956

パリに生まれる。
1893年
パリのリセ・ラマルティーヌに入学。
1904年
リセ・ラマルティーヌ卒業。画塾アカデミー・アンベールに入り、ジョルジュ・ブラックらと出会う。
1906年
ブラックの伝手でパリの「洗濯船」アトリエのピカソらの仲間に加わる。
1912年
パリのバルバザンジュ画廊において展覧会。
1914年
ヴェッチェンと結婚し、スペインへ亡命。
1921年
パリへ転居。ロザンベール画廊での個展が成功。
1932年
「パリ16区のアトリエ」にて教鞭をとる。

ローランサン 代表作

  • ココ・シャネル嬢の肖像
  • 接吻 etc
ローランサン アート市場状況

現在、マルシェッソウの鑑定がとれないため、マルシェッソウのレゾネ掲載作品がよりいい。

初期の作品は暗く、人物に関しては、晩年に比べてきつめに感じる。
花、少女など人気がある。

贋作度(5段階): 4
* 現在流通している作品で偽物の流通度合を示したものです。
1~5段階で評価したものです。3~5段階つくものはかなり危険です。

ローランサン 作品種類
  • 油彩、水彩、パステル、版画
ローランサン 鑑定機関
  • マルシェッソウ
    (鑑定機関は変わる場合もありますのでご注意下さい。)

主な取り扱い作家

主な取り扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ
美術品お探しへ

検索