マルク・シャガール(Marc Chagall)

豊艶な色彩と思索性、神秘性をあわせたシュールレアリスム作風を確立した。
空中を浮遊する超現実的幻想、詩情な世界を展開。

シャガール 略歴

1887-1985

ロシア、ヴィテブスクに生まれる。
1910年
パリに移住。この時期は、エコール・ドパリの一員に。
1922年
リトアニアでの個展。ロシアを去る。版画技法を学ぶ。
1923年
パリへ。画商ヴォラールからの注文で「死せる魂」「寓話」「聖書」などの挿画のための版画を制作。
1946年
NY近代美術館で個展。
1947年
フランスに戻る。パリ近代美術館で回顧展。
1950年
南仏ヴァンスに転居。フェルナン・ムルロ工房で版画制作。

シャガール 代表作

  • 七本指の自画像
  • 青いサーカス
  • イカルスの墜落 etc
シャガール アート市場状況

鑑定取得もかなり複雑であるため、贋作が売れてしまうという悪循環もある。
最近、版画の贋作まである。

比較的、初期の作品の評価が高く、オークションでも伸びを見せる。
恋人がいる作品が根強い人気があり、その中でもシャガールの青色を好む傾向。
油彩画でもだいたいの作品が何千万かでは購入可能です。

贋作度(5段階): 5
* 現在流通している作品で偽物の流通度合を示したものです。
1~5段階で評価したものです。3~5段階つくものはかなり危険です。

シャガール 作品種類
  • 油彩、アクリル、テンペラ、ガッシュ、パステル、デッサン、版画
シャガール 鑑定機関
  • コミテ・シャガール
    (鑑定機関は変わる場合もありますのでご注意下さい。)

主な取り扱い作家

主な取り扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ
美術品お探しへ

検索