イカール

ルイ・イカール(Louis Icart)

アールデコを代表する画家。18世紀の名匠の作品に心酔し、ロココ美術の伝統を学び、更に当時の風刺雑誌(ル・リールなど)からも影響を受けながら独自の画風を確立。

イカール 略歴

1888-1950

南仏に生まれる。
1912年
バルセロナのギャラリーで最初の個展を開く。
1913年
この頃からアメリカなどに輸出され始める。
1914年
パリ・オペラ・バレー劇団による特別公演で衣装デザインを担当し、注目される。
1922年
アメリカを訪れ、ワナメーカー百貨店での個展が成功。
1927年
レジオン・ドヌール第5勲章を受ける。
1932年
ニューヨークのメトロポリタン画廊で、油彩の連作「白いヴィション」の展覧会開催。
1944年
版画制作を開始する。

イカール 代表作

  • ミミ パンソン
  • メロディアワー
  • スピードII etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ