ドンゲン

キース・ヴァン・ドンゲン(Kees Van Dongen)

フランスへ帰化したオランダ人で、エコール・ド・パリの画家。
初期は天性の色彩画家として、力強い官能的表現を示し、後期は売れっ子の肖像画家となった。

ドンゲン 略歴

1877-1968

オランダのロッテルダム郊外の家庭に生まれる。
1899年
パリに転居。
1904年
ヴォラール画廊で初めての個展。
1905年
サロン・ドートンヌに出品。
1908年
ドレスデンでの「ブリュッケ」の展覧会に参加。
1913年
スペイン、モロッコ、エジプトを旅行。
1926年
レジェン・ドヌール勲章受賞。
1967年
パリ国立近代美術館で回顧展。

ドンゲン 代表作

  • 黒い帽子の女
  • 村の広場 etc
ドンゲン アート市場状況

特にしっかりした、レゾネがまだ出てきてないため、パリのウィルデンシュタイン鑑定取得が必要。

ドンゲンも一時はフォーヴィスムの作家であり、その頃の作品は特に高い。
人物が一番人気があり、作品の数も多い。

贋作度(5段階): 4
* 現在流通している作品で偽物の流通度合を示したものです。
1~5段階で評価したものです。3~5段階つくものはかなり危険です。

ドンゲン 作品種類
  • 油彩、水彩、パステル、版画
ドンゲン 鑑定機関
  • ウィルデンシュタイン
    (鑑定機関は変わる場合もありますのでご注意下さい。)

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ