ジョアン・ミロ(Joan Miro)

豊艶な色彩と思索性、神秘性をあわせたシュールレアリスム作風を確立した。
空中を浮遊する超現実的幻想、詩情な世界を展開。

ミロ 略歴

1893-1983

スペイン、バルセロナに生まれる。
1912年
フランシスコ・ガリ美術学校に入学。
1937年
パリ万国博覧会のスペイン館のために壁画を制作。
1941年
ニューヨーク近代美術館で回顧展開催。
1954年
ヴェネツィア・ビエンナーレで国際版画大賞受賞。
1959年
ニューヨーク近代美術館、ロサンゼルス美術館で回顧展開催。

ミロ 代表作

  • オランダの室内シリーズ
  • 星座シリーズ etc
ミロ アート市場状況

版画も多いが、版画の贋物もある。
1930年代が評価が高く値段も高い。
どちらかといえば1950年代ぐらいの作品が日本では、流通している。

贋作度(5段階): 4
* 現在流通している作品で偽物の流通度合を示したものです。
1~5段階で評価したものです。3~5段階つくものはかなり危険です。

ミロ 作品種類
  • 油彩、ガッシュ、版画
ミロ 鑑定機関
  • ジャック・デュパン
    (鑑定機関は変わる場合もありますのでご注意下さい。)

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ