デュビュッフェ

ジャン・デュビュッフェ(Jean Dubuffet)

フランスの画家。アンフォルメル(激しい抽象絵画を中心とした美術の動向)の先駆者と見なされ、従来の西洋美術の伝統的価値観を否定して、「生(なま)の芸術」を提唱した。

デュビュッフェ 略歴

1901-1985

フランスのル・アーヴルで生まれる。
1918年
パリのアカデミーに一時期学ぶも挫折。独学に。
1942年
「作業」シリーズの制作をはじめる。この頃より美術家となることを決心し、絵画制作に専念していく。
1944年
ルネ・ドルーアン画廊で初めての個展。
1947年
自身が蒐集したアウトサイダー作品をドルーアン画廊の地下室で開催「アール・ブリュット(原生芸術)」展。
1948年
アール・ブリュット(生の芸術)協会を設立。子供や精神障害者の作品の展覧会を開催。
1960年
年代半ば 彫刻やオブジェ制作をはじめる。
1981年
NYのグッゲンハイム美術館、パリのポンピドゥー・センターで回顧展。

デュビュッフェ 代表作

  • お祭り騒ぎ
  • にんじん鼻 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ