ジャン・アルプ

ジャン・アルプ(Jean arp)

ダダやシュルレアリスムと関わり、有機的な抽象形態を生み出した。
絵画の他にも、コラージュ、レリーフ、コラージュ、彫刻等を手掛け、更に詩人としても活躍。

ジャン・アルプ 略歴

1886-1966

ドイツ生まれ。
1904年
詩集を出版。パリに一年間滞在。その後、ワイマールへ行き、美術学校に入る。
1912年
カンディンスキーとともに「青騎士」の展覧会に参加。
1914年
モディリアーニ、アポリネール、フランスのキュビズムの画家たちと交流を持つ。
1916年
トリスタン・ツァラ、フーゴ・バル、エミー・ヘニングスらとスイスでダダイスム運動を起こす。
1926年
フランスのシュルレアリスムの陣営に加わる。

ジャン・アルプ 代表作

  • トルソ etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ