シダネル

アンリ・ル・シダネル(Henri Le Sidaner)

印象派や新印象派の影響を受けながら、どこか暗い霧に包まれたような静謐な風景や室内を描いた。
点描画法を駆使した作風には、印象派、新印象派の新技法の影響が顕著であり、特に彼の描く哀愁をおびた夕暮れの詩情には独特の趣きがある。

シダネル 略歴

1862-1939

モーリス島生まれ。18歳の時パリの美術学校へ進学するも、数ヵ月後には退学し、フランス北部に移住。
絵を描きつつ早期退職を楽しんではいたが、再び芸術環境に身を置く。
1894年
パリに戻る。象徴主義に影響され、その後ブルージュに滞在し、静けさとミステリアスさに魅了される。
1900年
フランスに戻り、ジェルブロワに居住する。

シダネル 代表作

  • 夕暮の小卓
  • 離れ屋 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ