アンリ・マティス(Henri Matisse)

フォーヴィスムのリーダ-的存在。
線の単純化、色彩の純化を追求した作風。

マティス 略歴

1869-1954

北フランスのカトー・カンブレジ生まれ。
1891年
アカデミー・ジュリアンに入学。
1892年
アカデミー・ジュリアンをやめ、エコール・デ・ボザールのギュスターブ・モローの教室に通う。
1904年
ヴォラール画廊で初の個展。
1908年
ニューヨーク、モスクワなどで個展開催。
1918年
ポール・ギョーム画廊にてピカソと2人展開催。
1927年
カーネギー国際展で大賞を受賞。
1934年
ジョイス「ユリシーズ」の挿画を制作する。
1947年
テリアードから「ジャズ」が刊行される。新設されたパリ国立近代美術館に作品が収められる。
1950年
第25回ヴェネチア・ビエンナーレで大賞を受賞。

マティス 代表作

  • ダンス
  • ジャズ・サーカス etc
マティス アート市場状況

ピカソにならんで、人気、実力がある。
作品数がピカソに比べて、少ないこともあり、現在、日本(美術館以外)では、なかなかお目にかかれない。

油彩だと1億円以上する物がほとんど。デッサンでも1000万以上する。

贋作度(5段階): 4
* 現在流通している作品で偽物の流通度合を示したものです。
1~5段階で評価したものです。3~5段階つくものはかなり危険です。

マティス 作品種類
  • 油彩、版画、ガッシュ、デッサン
マティス 鑑定機関
  • ワンダー・ド・ケブリアン
    (鑑定機関は変わる場合もありますのでご注意下さい。)

主な取り扱い作家

主な取り扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ
美術品お探しへ

検索