ロワゾー

ギュスターヴ・ロワゾー(Gustave Loiseau)

後期印象派を代表する画家のひとり。
柔和で輝きを帯びたな陽光や湿度を感じさせる独特の大気感、流水などを筆触分割(色彩分割)的な描画手法で表現。

ロワゾー 略歴

1865-1935

商人の息子としてパリで生まれ、同地の装飾美術学校に通う。
1888年
国立美術学校に入学し絵画を学ぶ。
1890年
画家仲間マキシム・エミリー・ルイ・モーフラの誘いを受けポン=タヴェンへ移住。その後、新印象派展などへ絵画を出品し、注目を集める。
1901年
デュラン=リュエルの画廊で大規模な個展を開催、好評を得る。その後、フランス国内を旅行しながら制作活動を行う。
1927年
セーヌ川沿いクアイ・ダンジューに住居を構える。

ロワゾー 代表作

  • アダム島の川岸
  • 村の協会の塔 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ