ジョルジュ・スーラ(Georges Seurat)

印象派の画家たちの用いた「筆触分割」の技法を更に進化させて、点描で絵を描く手法を完成させた。

スーラ 略歴

1859-1891

フランスはパリのボンティ街に執達吏の家庭に生まれる。
パリ市立デッサン学校から国立美術学校絵画科で学ぶ。
1878年
エコール・デ・ボザール(国立美術学校)に入学するが、兵役のため1年ほどで学業を中止する。
1883年
サロンに2点のデッサンを出品し、うち1点が入選。「アニエールの水浴」の習作にとりかかる。
1886年
第8回(最後の)印象派展に「グランド・ジャット島の日曜日の午後」を出品。スーラを中心とした新印象派が話題となる。ベルギーの詩人がアトリエを訪れ、作品を購入し、翌年の「二十人展」に招待を受ける。
1888年
第4回アンデパンダン展に「パレード」などを出品。同展は大成功となる。アムステルダムのオランダ版画クラブ第2回展(テオ・ヴァン・ゴッホ主宰)に招待出品。
1889年
ブリュッセルでの「二十人展」に12点出品。

スーラ 代表作

  • グランド・ジャット島の日曜日の午後
  • アニエールの水浴 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ