ブータン

ウジェーヌ・ブータン(Eugene Boudin)

19世紀フランスの画家であり、外光派の一人として印象派に影響を与える。
青空と白雲の表現に優れ、空と海の画家とも言われる。

ブータン 略歴

1824-1898

オンフルールのタラ漁船の水夫の家庭に生まれる。
1855年
ル・アーヴルの画商などの求めにより、静物画も制作。
1858年
ル・アーヴルの画材店で若きクロード・モネと出会う。
1859年
パリのサロンに出品。詩人ボードレイルがサロン評で賞賛。
1874年
第一回印象派展に出品。
1881年
画商のデュラン=リュエルが絵画を扱うようになる。

ブータン 代表作

  • トルーヴィルの浜
  • エトルタの浜辺 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ